Never give up for the win!

FPS(主にAVA)や、サッカーに関する独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立ち回り:エリア理論

はい、半年以上放置してました、ごめんなさい。
皆さんのお役に立つ記事更新していきます、頑張ります。

では、今回は守りの考え方について。
CWにおいて、一番大事になってくるのが、敵の位置把握です。
足音、グレの音、リロード音(声アリナシ)、スコ展音などなど、敵の位置情報を把握する材料はたくさんありますね。
これらや味方の報告などを元に、大体の敵の位置を割り出します。

では、なぜ位置把握が大事なのか?
それはシフトを早くするためです。
シフトを早くする=人数有利な状態で、交戦を開始出来る、です。
守りで勝つためには、素早くシフトして、3人以上で待ち構えるのが理想です。
2vs5は配置次第でトントン、普通は不利、3人以上で迎え撃てれば立ち回り的には勝ってると思います。

シフトを早くするためには、敵の位置を把握して、自分達のエリアを広げる必要があります。
例えば、BSの冷却やHBの倉庫などが分かりやすい例ですね。
敵は2側を攻める場合、冷却、倉庫といった拠点を制圧する必要があります(屋上ラッシュ、DDラッシュという例外はありますが)。
冷却などの拠点を取られてすぐの場合、敵は恐らく3人以上冷却にいる事が多いでしょう。
拠点を取る時は、なるだけ人数をかけて、確実に制圧しにくるからです。
普通は一人でそんな危ない所には行きませんから。

では、冷却を取られて15秒後はどうでしょうか。
まだ冷却に敵がいる気配がありますか?
もしかしたら、冷却を取った後に引いて、敵のほとんどが1側にシフトしているかもしれません。
冷却の状態が分からない場合で1側に素直にシフトしてしまうと、裏取り、釣りのリスクがあるため、一度冷却にグレを投げたりしてクリアリングしましょう。
この際、敵が詰め待ちをしている可能性があるため、細心の注意を払って前に出ます。
そこで食われると戦犯になります。
もちろん、1側もグレーの場合、前に出るリスクを犯すのは危険なので、うかつに動いてはいけません。
守りで前に出るということは、有利ポジで迎えうてるというアドバンテージを捨てることになります。

冷却を取ってしまえば、敵が冷却に入ってこない限り、2側を攻められるリスクは少ないということになります。
つまり、1側に人数配分を多めにとってしまっても良いですよね。
その際、冷却を一人で守ったりしますが、交戦は避けた方が懸命です。
敵を確認したら引いて、味方をシフトさせた方が良いです。

設置ポイントを守るのとは違って、BSの冷却、HBの倉庫、APのブルーシートなどは、まだ引けるので、そこを全力で守る必要はないということです。
ではなぜそこを取るのかというと、自分達のエリアを広げて、敵のいるエリアを限定するためです。
これを僕は主導権を握る、と言っています。

CWはAim、連携での勝負以外に、それを有利に進めるための陣取り戦の側面があることを意識してCWをすれば、攻めでも守りでもラウンドを取れる確率があがるんではないでしょうか。
  1. 2013/02/27(水) 18:13:06|
  2. AVA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zowie G-TF Speed レビューもどき

最近マウスパッドをSteelSeriesのQCK HeavyからZowieのG-TF Speed Versionに変更しました。
レビューというよりかは、自分の考えの推移ですね。
参考になれば幸いです。


ZOWIE G-TF Speed VersionZOWIE G-TF Speed Version

商品詳細を見る



元々このマウスパッドを手に入れた経緯としては、去年のAVACTLを優勝した際、Zowieさんから景品として送られてきました。
最初の使用感としては、
・布なのに異常に滑る、まるでプラスチックのパッドを使用しているみたい
・サイズは大きめだから、文句なし!
・でも滑りすぎて、若干止めづらい(QCK Heavyと比べて。プラよりは止まります)・・・エイムが暴れる

といった感じで、使い続けていたQCK Heavyで良いかなと思い、お蔵入りしておりました。
それ以降、自分の中でG-TF Speedは「滑るけど止まり辛い、SR向けのマウスパッド」として認識されていました。

ここ最近、使い続けていたM4A1からSA58Paraに武器を変更したり、マウスの感度を振り向き30cmから18cmへ上げたりと、自分の殻を破るために色々実験をしていました。
ある日、プロの手元動画を見ていた時、プロはマウスを操作する際にほとんど力を入れていないように見えたので、自分も真似してみたところ・・・
長期間使い込み続けていたQCK Heavyは全然滑らなくなっており、初動が重すぎて力を抜いてのエイムなど到底不可能でした。
これは買い替えの時期かなぁ・・・と感じていた所、SunSisterのKenRokuさんとマウスパッドの話をしていたら、G-TF Speed良いよと言われました。

内藤「あのマウスパッド、滑りは抜群だけど止まらなくないですか?」
KenRoku「それはお前がG-TF Speedを使いこなせていないだけだ!」


なんか無性に悔しくなったので、だったら使いこなしてやろうじゃんと思い、このマウスパッドでしばらくプレイしてみることにしました。


しばらく使ってみると、G-TF Speedの今まで気づかなかった良い点が見えてきました。
まず、布特有の繊維の方向の違いにより、横に滑りやすく縦に滑りにくいという点。
QCK Heavyは横も縦もそれなりに動くのですが、G-TF Speedは横と縦の滑りが露骨に違います。
これにより、非常にHSラインをキープしやすいです
止まり辛いと感じていたG-TF Speedですが、以前のようにマウスに力を入れてエイムするのではなく、力を抜いてスッとエイムするようにしたらそこまでブレが気にならなくなりました。
力を抜いてエイムする事により、マウスの微調整、フリックショットの精度が上達した気がします。

今では特に大きな不満点もなく、自分の中でお気に入りの優秀なマウスパッドという地位を築いています。
何より感謝しているのは、滑るマウスパッドを使いこなそうと試行錯誤した際に、プレイヤーとしての技術も一緒に向上させてくれたことですね。
まだ使い始めて2週間程ですが、しばらくはこのG-TF Speedを使い続けていきたいと思っています。
次に試すとしたら、飛燕かなぁ・・・
またマウスパッドを変えたら、レビューしたいと思います。
それでは良いFPSライフを。
  1. 2012/08/05(日) 18:23:45|
  2. AVA
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

復活

AVAを復帰することにしました。
現在毎日リハビリに励んでおります。
昨日付けでSunSisterに入隊させてもらい、これからガチクランで活動していく環境は整った感じ。
後はひたすら鍛錬ですね。
最近Paraを使い始めて、結構上手に使えるようになってきたので楽しくなってきました。
逆にM4が若干下手になってしまいましたが・・・
練習しまくって両方高水準のレベルまで持って行きたいですね。

それと、最近ニコ生も始めました。
リスナーさんと楽しく会話しながらグダグダ遊ぶのが楽しいです。
よく頑張ってくださいと声をかけてもらってて、良い励みになります。
↓こちらがコミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co1717298
質問とかも受け付けておりますんで、良かったら遊びに来てくださいね。
  1. 2012/07/29(日) 19:21:38|
  2. AVA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M4A1の撃ち方mk.3

最近よくM4A1の撃ち方を聞かれるので、僕の撃ち方を紹介します。

M4A1の特性
最初の10発程度まで縦反動があります。
その後、間隔を空けずに打ち続けると、わずかに横ブレしながら点集団になります。
少しでも間隔が空くと、その際にリコイルで跳ね上がったレティクルが下がり、その下がった分またリコイルコントロールをする必要があります。
1on2の状況で、最初に5点バーストを二回撃って一人目を倒した後、二人目を狙うときに一瞬で狙いをつけて撃つことが出来れば、ほとんどリコイルコントロールは必要ありません。
ですが、一人目を倒した後、ワンテンポ置いて二人目が飛び出してきた場合、リコイルコントロールをする必要があります。
ここら辺の感覚はいちいち頭で考えてやってられないので、何度も壁うちするなりBOT撃ちするなりで会得する必要があります。

全弾ヘッドショット、コンセプトは「瞬殺」
M4A1は集弾が良く、非常に扱いやすい武器だと言われていますが、aimが良い人のFG42、Groza、Paraと渡り合うためにはヘッドショットを常に狙うことが必要不可欠です。
また、一人を倒すだけなら胴撃ちでもいいですが、HSを決めることによって軽傷、もしくは無傷で撃ちあいに勝利することが出来るため、連続して敵と戦うことが出来ます。
自分は常に一回のバーストで全弾相手の頭に叩き込むイメージで撃ってます。
常に自分の狙った高さに集弾させる感覚を得ることは、M4A1使いとしては必須の技術だと思います。
勿論、ヘッドショットを安定して出すために、マウスを水平に振る技術も必須となります。

タップ撃ちは上級者だけどうぞ
撃ち方ですが、高速でタップ撃ちをすることによって、M4A1はほとんど横ブレがなくなります。
しかし、僕はタップ撃ちは一切しません。
ただでさえ追いエイムが苦手な僕には、タップ撃ちしながらの追いエイムは難易度が高すぎて不可能だからです。
それよりも、M4A1の連射力を生かして、バースト撃ちで多少横ブレが発生しても頭付近に撃ちまくってごり押しするスタイルを選択しました。
距離と状況別で5点、3点、2点を撃ち分けてます。

・近距離で回避行動をとりながらの撃ちあいでは5点
・敵のメットがとんでいたり、体力が少ないという報告があれば5点でごり押し
・頭一個など、強ポジの相手と戦うときは、2点、3点で冷静に頭を狙う。しゃがんだり回避行動をとられたら5点に切り替え。決め撃ち気味にばら撒いてごり押す
・ロングの敵と戦うときは2点、3点バースト。1on1なら頭に当てた瞬間しゃがんでごり押し。2人以上確認したら撃ちながら引く。
・敵のラッシュで多人数を相手にするときは、リロード出来るポジションの近くで5点バーストでHSラインにばら撒く。音聞いて決め撃ち気味

って感じですかね。
基本的に中距離くらいまでは(何メートルって定義はないです、自分の感覚です、曖昧で申し訳ない)5点が多いです。
走りながらでも、リコイルコントロールがしっかり出来ていれば5点で十分集弾します。
2点、3点は精度が求められる場面だけ使ってます。
2点、3点の使い分けは気分です。
というか、誤差の範囲内だと思います。
何か質問があれば答えますんで、気軽にどうぞ!
  1. 2012/03/16(金) 16:09:32|
  2. AVA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スタートラインに立て!

最近ロビーとかで「上手くなるためにはどうしたらいいですか?」という質問をよく受けます。
正直、その人の現在のレベルがどの程度まであるのかが分からないので、何とも答えようがないのですが、今回はFPSを始めてまだ間もない、初心者向けの記事を書きます。

まず、FPSを始めるに当たって大事なこと。
それはデバイスを揃えることです。
兎にも角にも、快適に動くスペックのパソコン、120hzのモニター、ゲーミングマウス、ゲーミングマウスパッドを揃える所からスタートです。
課金武器を当てたりするより、まずこちらを優先するべきです。
FPSが30しか出ない環境のFG42よりも、FPSが常時200出ているM4A1のが圧倒的に強いです。
下手したらハンドガンでも勝てるレベルですね。

PCのFPSはコンシューマ機のFPSと違って、まず環境から大きく差がつきます。
強くなりたかったら、まずそのスタートラインに立ちましょう。
FPSは金がかかるもんなんです

オススメのデバイスを紹介したいのですが、いかんせん僕の使ったことがあるデバイスはそんなに多くないので、たくさんマウスを持っている人に聞くのがいいかもしれません。
一応、値段や使い安さを考慮して、いくつかオススメしておきます。

<マウス>
Zowie AM
お値段7000円弱。
形はXaiやSenseiとそっくりで、直線補正は切れており、シンプルだが非常にまとまったマウス。
うちのトンカツもこのマウスを使ってます。

DeathAdder3500(BlackEdition)
3500なら6000円弱、BlackEditionなら10000円弱。
人工工学系のデザインで、手が大きくないと少し扱い辛いかもしれない。
弱点はマウスのサイドの滑りやすさと、リフトオフディスタンスの長さ。
リフトオフディスタンスはソールを重ね貼りすれば多少は改善される。
BlackEditionならば、サイドが滑り辛くなっているので、お金に余裕があるならこちらがオススメ。
AVAの多くの有名なARが使用しており、僕自身も以前は使用していました。
非常に良いマウスだと思います。

SteelSeries Sensei
値段は10000円程度。
高いですが、性能は申し分なく、パーフェクトに近い。
隙がないマウスです。
ただ、ドライバの不安定さ、マウス自体の耐久度が難点です。
現在僕はこれを使用してます。

<マウスパッド>
SteelSeries QCK Heavy
初心者はとりあえずこれを買っておけば間違いないと思います。
マウスパッドは大きければ大きいほど良いです。
机のサイズの問題などもあると思いますが、出来るだけ大きなマウスパッドを使いましょう。

Zowei Swift
サイズが少し小さいですが、滑りが素晴らしく、止まりも良い。
真ん中のロゴが違和感の原因になるのが少し残念。
プラスチック系のマウスパッドではかなり優秀な方だと思います。

キーボードですが、出来れば良いものを使ったほうが良いのですが、マウスやマウスパッドと比べてコストパフォーマンスが悪いので、買うのは最後でいいと思います。

書いてる途中に思い出したんですが、以前こんなような記事を書いたような・・・
まぁいいか。

これらを一式揃えてからが、本当のFPSライフのスタートです。
強くなるためには、金をかけましょう。
  1. 2012/03/13(火) 15:52:51|
  2. AVA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
A.V.A ランキング

Twitter

 

プロフィール

内藤

Author:内藤
FPS暦約10年。
AVAを始めたのは2011年の1月。
現在Clan「SunSister」所属。
趣味はPCゲーム、麻雀、サッカー観戦等。

経歴
(Luvs)AVACL チャンピオンリーグ:優勝
(Ritzel)AVARST Season1:ベスト4

PC Spec
OS:Windows7 Professional
CPU:Intel i7 2600K
Memory:16.00GB
GPU:Geforce GTX680 (4GB)
Sound:Creative X-fi Titanium

Devices
Mouse:ZOWIE FK
Pad:ZOWIE GT-F Speed Version
Headset:ZOWIE MASHU
Monitor:BenQ XL2410T
Keybord:ZOWIE CELERITAS

AVA
Name:N1ght0wl
Clan:SunSister
PlayStyle:Attacker
Class:大佐1
Main Weapon:Veresk M4A1 PGM
SD:1.8

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ニュース (0)
サッカー (1)
広告 (0)
AVA (30)
雑記 (3)

A.V.A Rank

A.V.A ランキング

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。